FC2ブログ

みどりのまきば

またまた

私 ふだん除せん(原発事故後の生活圏の放射性物質を取り除いて線量を下げる)の仕事をしております。 
今は1月半ばに降った雪で作業ができずずうっとお休みなんです。 毎日ボーッとしておりました。

しかし
放牧地の牧草栽培の留意点として 土壌pH(6~6.5)の維持がありまして

早春に苦土炭カル(20~40kg/10a)を散布しなければなりません。そろそろ取りかかる時期。
2016_0226_092705-F1000239.jpg
で、石灰をまくため 久しぶりに畑にやって来ました。  (家の裏からは毎日見てましたが。) 

やっぱ畑に出てくるのは 気持いいね~。 (少々風が冷たいけど)  すっかり雪もなくなりました。
2016_0226_092516-F1000236.jpg 牧草も枯れずに根付いてくれてるようで。。   (うれしいね~。)
20キロの石灰袋をしょって(背負って) 散布しましたよ。 全部で380キロ。  (いい運動だね~。) 



2016_0226_092738-F1000240.jpg     2016_0226_092752-F1000241.jpg
ところで、この畑の山際を 近々除せんをすることになりました。


馬小屋建築があるので工事車両が行き来します。
除せんの車両とかち合わないように、除せんを早めにやっていただくように希望を出しました。


またまた建築が遅れそうです。。 やっとですが、ここまで来れたのだから焦らずに行こうっと。



スポンサーサイト



  1. 2016/02/28(日) 07:00:00|
  2. ひとり牧農
  3. | コメント:0

まだなんです

ルルル ルルル ・・・ 携帯 知らない番号だが出でみる。

『馬をたてるという ○○さんかい?!』

「そうです。」 もしかして・・馬をあづけ・・・という話かしら。。思わず期待  

(1月に東京でお会いした方、私を紹介してくれた鹿児島の方の以前に
 私の(福島で馬の養老牧場を作る)話を聞いていたと言っていたので。どこかで私のことを知って。。と。)


が、先日訪問したとある乗馬倶楽部の方からでした。。(その時お留守で誰にも会えず) 


『ところで馬小屋はどこまで出来たのかな?』  (前に馬小屋を建てる話をしていた)

「いえ まだなんです。。  5月ごろ建築始まるかどうか、夏ごろに出来上がるかどうかなんです・・」

『な~んだ そうかいっ』

「そうなんです。   秋になってしまうと、年内には馬を連れてこれなくなるかも・・」

『牧柵は立てたのかい?!』

「いえ、まだなんです。  牧柵建ててしまうと、工事車両が入れなくなってしまうので・・」

『そーうかい

「・・・」



そうなんです皆さま。まだほんとに何も始まっていないのです。

でも今日、工務店の方と現場で打ち合わせします。
立てる場所が畑のど真ん中なので、工事車両が入れる道がないんです。

その道を作る。また電線も通ってないので電気の架設工事が必要。
ということでその現場確認に。(馬小屋建築費以外にすごく費用がかかるんです。) 

工務店さんをいろいろ悩ます難題(低予算を提示)が山ずみ。
ほんとうに申し訳ないです。よろしくお願いいたします。






  1. 2016/02/18(木) 07:00:00|
  2. ひとり牧農
  3. | コメント:0

3度目の正直

『 活用なき学問は 無学にひとしい 』

昨日も馬の行動学・心理学の講習会に行ってきました。(3度目)
行ってきたけど、、、 普段 馬と接してないし 馬が近くにいないので 話を聞いても 正直 よく解らないのです。
学んでも 活用してないので 身にならず  実際 馬がきた頃は すっかり 忘れちゃってるんでしょうね。 

上記は 福沢諭吉 のことばだそうです。




参加する・学ぶだけで安心 参加していない・学んでいないと不安がる

こういうタイプも多くいる 講師の方はおっしゃる。  (私だー!) 




私としては ワラをもつかむ思い 手あたり次第 !?
しかし 無になることはしまい !! (決意)




  1. 2016/02/08(月) 19:00:00|
  2. ひとり牧農
  3. | コメント:0